Loading...

小児歯科・小児矯正歯科

お子様の歯の治療から成長を利用した矯正治療まで任せ下さい。

当院の小児歯科の考え方

子どもの頃の歯医者さんのイメージは、大人になっても残るものです。
その為、最初に行く歯科医院は、非常に重要なものになってくると思います。

当院では、お子さんが「歯医者さんは怖い・痛い」というイメージを持たないように、以下のような取り組みを行い、診療に当たらせて頂いております。

また何気ないお母さんの言葉で子供は歯医者がとても怖いところと思ってしまいます。そのため以下のようなお願いをさせて頂きます。

小児歯科について

小児歯科小さなお子様は、自分で口の状況を確認できません。
つまり、親御さんがケアしてあげる必要性があります。
また、「乳歯の間は虫歯でも大丈夫」とう親御さんもおられますが、大きな間違いです。

乳歯は、永久歯が生えてくるまでの間に噛む機能を作る上で必要不可欠であり、 しっかり噛んで食べるということは顎の成長はもちろんのこと 全身の成長にも非常に大切なことなのです。

その為、乳歯もしっかりケアをしてあげる必要性があります。 幼少期において、学校の歯科健診だけで済まされている方が多いですが、 学校の健診は、あくまで「目視での確認」であり、 レントゲン撮影がない為、奥歯と奥歯の間の早期虫歯など細かい部分までは発見できないので、 しっかりと幼少期から歯科医院での定期的なメンテナンスを受けられる事をお勧め致します。

また、幼少期は、遊んでいる時のアクシデントや怪我や事故などで、歯をぶつけて欠損されるお子さんもおられます。 そのような状況になられたら、早期に桑名市の歯科(歯医者)とき歯科クリニックへご連絡下さい。なぜなら、以下のようなケースに陥ることがあるからです。

私は大学病院にて時間外救急医療に従事しておりましたので、転倒により『歯が歪んでしまった・グラグラする・抜けてしまった・血が止まらない』と行ったお子様を治療してきました。その時の経験によりきっとお役に立てると思います。

以上のように、乳歯は非常に大切なものです。
将来、しっかりした永久歯が生えそろうように親御さんがお子様の歯をケアしてあげて下さい。
桑名市の歯科医院(歯医者)とき歯科クリニックは、全力でサポートさせて頂きます。

幼少期の予防歯科

幼少期の予防について

幼少期のお子様に予防歯科として最も有効なのが「フッ素塗布」です。 乳歯が生え始めたら、フッ素塗布を開始されることをお勧め致します。

フッ素(フッ化物)は、
  • 虫歯の原因となる酸を作る力を抑える作用
  • 歯の表面を酸に溶けにくい性質に変えてくれる作用
  • 歯のカルシウムやリンの再石灰化を促進させる作用

など「歯の強化」「虫歯菌の抑制」という優れた作用があります。

1回だけの塗布では、しっかりした効果を得られませんが、 年に3~4回(3、4ヶ月に1回)定期的な施術を受けることにより、優れた虫歯予防効果が得られます。 尚、歯科診療におけるフッ素(フッ化物)は、大量に摂取しない限り体に害はありません。

フッ素塗布での虫歯予防をご希望の方は、お気軽にご相談下さい。

小児矯正歯科について

良くない歯並び(=不正咬合)は、心身に大きな影響を与えます。歯並びが悪ければ、噛み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。 矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な体と心を作るための歯科治療なのです。
桑名市の歯科医院(歯医者)とき歯科クリニックでは、「自分の子供ならどのような矯正治療を施すか?」という視点で患者様を診察しておりますので、 小児矯正治療をお考えの親御様は是非、当院へご相談下さい。

また、矯正治療は、大人になってからよりも幼少期に行う方がメリットが大きいので、矯正歯科検診を6歳ぐらい(反対咬合の場合は3歳ぐらい)までに、 受けられることをお薦めします。幼少期に検診を受けることにより、早期に問題を発見でき、永久歯が生えてから治療を行うよりも治療期間も短く、 成人矯正よりコストもかからないなどのメリットがあります。


幼少期に小児矯正治療を始めるメリット

小児矯正治療の最大の特徴は、骨格的な問題を永久歯が生え揃う前に治療する点です。
「歯並びが悪い」のは「歯の位置」の問題ではなく、「顎の大きさ」や「歯の大きさ」のバランスに問題があることも多いです。
その為、「成長」を利用した矯正治療・歯列育形成を行うことによって不正咬合を改善できます。
大人になってから、「成長」を利用した治療はできない為、幼少期に矯正治療を行う事は、様々なメリットあります。

桑名市 小児矯正歯科
「非抜歯」の矯正治療の対応が可能です。(※)
非抜歯矯正治療は、早期から取り掛かりお子様の歯並びの成長を確認しながら並べていく方法です。 具体的には、6歳ぐらいの臼歯が生えそろう時期から、狭い顎を広げたり、顎の成長を正しい形に促したり、 表から見えにくい装置でゆっくりと行っていきます。 期間は長くかかりますが、虫歯や歯周病ではない健康な永久歯を抜歯せずに歯並びを整て行くことができます。
(※治療の開始時期、不正咬合の状態などによって、抜歯や表に見える器具を使う治療でしか対応できないケースもあります。)
乳歯の抜歯タイミングをコントロールし、歯並びに悪く生えてくる原因を減少させ、噛み合わせを良い状態に導きます。 また、歯が極端に大きく、後々抜歯が必要となるケ-スでも、幼少期であれば顎の成長バランスをコントロールできるので、歯並びがより良く仕上がります。
受け口(反対咬合)は、3歳児検診で4~5%の割合で見つかり、自然に治る率は低く、治療が必要です。 しかも大人になってからの受け口(反対咬合)治療は、顎形成手術と手術前後の歯列矯正が必要なケースがあります。 そのような状況にならないように、幼少期なら「ムーシールド」と言った特殊なマウスピースを用いた治療などを受ける事によって、大人になってからの手術の可能性を軽減できます。
早期に歯並びや噛み合わせを改善していく事により、極端な歯のすり減りや顎への負担の減少やバランスのとれた偏りの無い噛み合わせにできる可能性があります。 顎の成長期を利用することによってこれらが実現できるため、幼少期から実施する必要性があります。
一生涯自分自身の歯で生活できるに越したことはありません。その為にも早期から噛み合わせの良い綺麗な歯並びの歯が理想です。噛み合わせは全身の健康にも大きく影響します。また、不正咬合のお口よりも虫歯や歯周病になりずらいです。矯正治療は決して安いものではありませんが、大人になってからの成人矯正治療費よりも小児矯正治療の方がコストはかかりません。
 

お子様がおられる保護者の方は、お子さまの笑顔を末永く大切に守るために、一度、矯正歯科治療の必要性があるかどうかを調べられてはいかがでしょうか?

小児矯正治療法 床矯正について小児矯正治療 床矯正

上顎を拡大する装置には、患者様自身で取り外し可能な「可撤式拡大装置(床矯正装置)」と、取り外しができない「固定式拡大装置」の2種類があります。

自分で外すことのできる可撤式の装置の代表格である「床矯正装置」は、取り外しが出来るため手軽で、 衛生面でも優れているので、当院では床矯正装置を用いた矯正治療をメインで実施しております。

お子様の負担がかかならい形での矯正治療を実施しておりますので、矯正治療をお考えの方は、桑名市の歯科医院(歯医者)とき歯科クリニックへご来院下さい。
(※お口の状態によっては、固定式拡大装置を使うケースもございます。)

小児矯正装置 床矯正紹介

床矯正装置 例1

小児矯正装置 床矯正

床矯正装置 例2

小児矯正装置 床矯正

床矯正装置 例3

小児矯正装置 床矯正

上記ような矯正装置を用いて、患者様のお口の状況によって適した矯正治療を提供させて頂きます。
主にアダムスクラスプ、ボールクラスプなどの維持装置とスクリューを使用した可撤式の機械的矯正装置です。側方に拡げるためのExpansion、扇状に拡大する為のFantype、大臼歯を遠心に移動させる為のSagittal Applianceなどがありますが、その他にも動かしたい歯牙の部位によって様々な設計の装置があります。
(※上記は例であり、その他矯正装置を用いた治療を実施するケースもございます。)

ネット診療予約

とき歯科クリニックでは、ネット診療予約にも対応しております。
お気軽にご利用下さい。
Toki Dental Clinic

〒511-0079
桑名市有楽町25第2アヅマヤビル1F
TEL:0594-23-2284
診療時間
【休診日】
木曜日、日曜日、祝祭日

ご予約・お問い合わせ

桑名市の歯科(歯医者)とき歯科クリニック0594-23-2284
ネット診療予約ネット診療予約
ネット診療予約
フェイスブック
インスタグラム